体温を正しく測ってみよう

ケース付きの電子体温計カラダのできごと

あなたはきちんと体温を計れていますか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

体温の変化で人の体の状態はどうなるのか

いろいろな体の不調や病気を

引き起こすコトになってしまうのは

体温が低いからということが

わかりました。

 

では、どのような体温の数値に

なってしまうと病気になってしまったり

するのか、体温の変化で人の体の状態が

どのようになっているのか

 

というのを調べてみました。

(人体実験じゃありませんよ~)

 

【36.5~37.0℃】:健康な体の状態

免疫細胞も正常に働き、ウイルスや

ガン細胞にも負けない状態。

この状態が理想的な体温の数値。

 

【35.5℃】:排泄機能が低下している体の状態

体内の酵素の働きが低下するので

内臓の働きや老廃物を体外に出す

働きが低下します。

まだ病気というところまでは

いってないかな。

でも病気の発生の前段階ですね。

 

【35.0℃】:ガン細胞増殖のおそれのある体の状態

ガン細胞は血流が悪くて低体温の

状態でどんどん増えていきます。

この体温だと、内臓の深い部分の

体温はもっと冷えている状態。

 

【34.0℃】:生命が回復できるかどうかの境界の体の状態

例えば、水中で溺れていた人が

いたとして救出後、生命の回復が

できるかどうかのギリギリの体温。

危険な体温の状態ですね。

 

【33.0℃】:幻覚を見たりする体の状態

体温が下がり、頭はもうろうとし

徐々に眠くなり冬眠状態に入ります。

そのまま眠ってしまうと・・・

凍死につながってしまいます。

 

【30.0℃】:意識が消失する体の状態

体温が32.0℃以下になると

震えもなくなり、筋肉が硬直。

脈拍数や血圧が徐々に低下し

意識が無くなります。

 

【29.0℃】:瞳孔が拡大する体の状態

亡くなる直前にみられる

瞳孔の拡大が起こる。

心拍数・脈拍数も低下~微弱になり

意識は半昏睡状態になります。

 

【27.0℃】:死体の温度の体の状態

意識がなく、昏睡状態になります。

心肺停止状態となり、脈拍も消失。

 

 

体温が低下することで人間の体って

こんなにも違う状態になるんですね。

 

なんだか、映画の「タイタニック」を

思い出しました。

 

では、自分の体がどれくらい

冷えているのかを知るには

平熱を測ることでわかります。

自分の平熱って何度あるのか

を測ってみましょう。

 

正しい検温◇脇での測定の方法

体温計をワキにはさんで測っている女性

普段、熱を測るといえば

この方法ですね。

 

脇のくぼみ(真ん中辺り)に

体温計の先端を当てて、下から少し

押し上げるように体温計を

脇ではさみます。

 

肘を脇腹に密着させて脇を

しめるのが良いようです。

 

ワキの温度は、そのままでは「体の表面の温度」 ですが、しっかり閉じることで温まり、体の内部の温度が反映されます。十分に温まったときの温度を平衡温(へいこうおん)と いい、これを測るのが正しい検温です。平衡温に達するには、ワキを閉じてから10分以上かかります。

【引用元:テルモ体温研究所

・・・ということなので、

水銀式体温計では10分以上

測りましょう。

 

電子体温計は2種類あります

予測式と実測式というのがあります。

 

実測式は水銀式と同じく、

10分以上測ったほうが良いです。

 

予測式は数分で電子音がなりますが

それは予測検温終了の電子音なので

音が鳴ったその後5分以上は

そのまま脇にはさんで待ちます。

 

予測式体温計とは約10分後の実測と

なる平衡温を予測して測る体温計です。

 

測る前にはどのような体温計なのかを

把握しておいて、わからなければ

きちんと説明書を読んでから

測りましょう。

 

正しい検温◇口内での測定の方法

口に体温計をくわえて測っている女の子

ただ、口にくわえるだけでは

きちんと測れません。

 

舌を丸めて舌の裏側を鏡で

見てみると舌の裏側の奥に筋が

あると思います。

その筋のわきに体温計の先端を

当てて口を閉じます。

(その後、口内で舌は丸めず

通常に戻して下さいね)

 

水銀体温計や実測式電子体温計は

10分以上そのままで。

※水銀体温計を使って口内で測定

する時は十分注意して下さい。

 

予測式電子体温計は電子音が鳴っても

5分以上はそのままの状態で。

 

検温中に口を開けると、

正しく検温できなくなるので

そのままの状態で待ちましょう。

 

体温を正しく測ってみよう の むすび

 

体温は1日のうちで変化していきます。

また、測る場所によっても

温度が違いますので、できるだけ

同じ条件、同じ時間で測りましょう。

 

一番良いのは、朝起きた時に体を

起こさないままで測定することです。

体を動かしたり、食事すると

体の熱は上がってしまいます。

 

1週間位、続けて測ってみると

自分の平熱がこれくらいだな~と

把握できるので健康のためにも

自分の平熱を知っておきましょう。

 

 

いろんなコトを見たり、聞いたり

新たに発見。

知識をひとつレベルアップできました

(σ^-^)σ━☆゚.*・。゚

 

最後まで読んで下さって

ありがとうございました。

コメント