水無月食べて後半の無病息災を願う【夏越の祓・和の習慣】

茅の輪くぐりをする神職の人和の習慣・豆知識

今日は、6月30日 晦日です。

今年の折返しの日でもありますが

多くの神社仏閣ではこの日に

『夏越の祓』という行事が

行われています。

 

私は、京都生まれではありませんが

在住している京都では夏越の祓と

ともに【水無月】を食べる習慣がある

とのことで初トライしてみました。

 

さて、水無月を食べる習慣

とはいったい?

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

夏越の祓とは?

夏越の祓とは今年の半年間についた

穢れを祓い、厄除けを祈願する

儀式のことをいいます。

 

穢れって何でしょう?

神道の世界では不浄ともいい

人間や動物の死、出産や月のもの

病気や怪我、肉を食べること

罪などを含めて穢れといいました。

 

ダルそうにため息をつく女性

穢れ=気枯れ とも解釈されていて

神様から頂いた「ご神気」が

枯れてしまった状態=気力が

衰えてしまった状態をいいます。

 

気が枯れてしまうことで

元気や活力がなくなり

体調を崩してしまう・・・と

考えると ”なるほど~”

と思いますよね。

 

やる気が起きない状態を

放っておくとどんどん悪い状態

になってしまいがちなので

気枯れに気づいたら

早めに気を補充しましょう。

 

茅の輪くぐりって?

夏越の祓の行事のひとつに

『茅の輪くぐり』が

あります。

茅の輪とは?

茅(ちがや)という植物から作った

しめ縄を巨大な輪にして神社の参道に

建てたものを「茅の輪」といいます。

 

神社にの参道に建っている茅の輪

茅の輪くぐりは、

「みなづきの なごしのはらえするひとは

ちとせのいのち のぶというなり」

という和歌を唱和して、「茅の輪」を

左右に八の字に3回くぐります。

 

このように行うことで

私たちが日頃に無意識のうちに

身に付けた罪や穢れを祓って

心身を清めることができるのですね。

 

水無月っていったい何?

水無月・・・とは6月(旧暦)の

別名なのですが、今回ご紹介する

水無月はこちら。

皿に乗った和菓子の水無月

6月30日の夏越の祓の日に食べる

和菓子のことをいいます。

 

室町時代の宮中では

節句の行事として氷室

(京都市北区西加茂地区)

から氷を取り寄せて

暑気払いをしていました。

 

しかし、貴族や高貴な人は

手に入れられても

氷は庶民には手に入れる

ことができないもの。

 

氷の代わりに氷に似せた

和菓子を作って食べることで

夏の暑さを乗り切って

いたのです。

 

このことから、水無月という

お菓子を食べる習慣

ができたのですね。

 

水無月は三角形の形に

なっているのですが

白い部分は氷片を表し

上の小豆は魔除けの

意味があり、縁起の良い

お菓子といわれています。

 

京都に住んで十数年なのに初めて食べた

京都に住んでからスーパーや

和菓子店で売っているのは

前々から知ってはいたのですが

私は元々、小豆の和菓子を

食べないで育ってまして・・・

 

小豆の健康パワーを知ってから

小豆菓子(たい焼きなど)を

ちょっとずつ頂くようになりました。

 

和菓子・水無月のあんの部分を拡大

みるからに甘そうなのですが・・・

 

下の白い部分は なんでしょう?

上はもちろん小豆ですね。

和菓子・水無月を横から見た

下の部分は

ういろう なのです。

 

ういろうはほどほどの

甘みがあって大好き。

すごく久々にういろう

を食べました。

 

和菓子・水無月の先端部分

思ってたよりも

あっさりした甘さで

とても美味しく頂きました。

 

あ、もちろん

無病息災を願いながら

・・・ですよ。

 

水無月食べて後半の無病息災を願う  の 結び

夏越の祓とは今年の半年間についた
穢れを祓い無病息災を願う儀式
茅の輪くぐりで半年間の穢れを払い
心身を清めることができる
水無月は氷を表す和菓子であり
上は小豆(魔除け)、下はういろうで
できており縁起の良いお菓子。

 

いかがでしたか?

今回は「水無月という和菓子」

についてご紹介しました。

 

茅の輪くぐりは、行きませんでしたが

水無月を食べてちょっとだけ

厄除けできたかな?と思います。

 

今年の後半の無病息災を

願ってがんばろうと思います。

 

いろんなコトを見たり、

聞いたり、新たに発見。

知識をひとつ、レベルアップ

できました~(σ^-^)σ━☆゚.*・。゚

 

最後まで読んで下さって

ありがとうございました。

スポンサーリンク
和の習慣・豆知識
スポンサーリンク
りんをフォローする
暮らしの中の自由メモ

コメント