この日に摘んだお茶を飲めば・・・【八十八夜・和の習慣】

お盆に乗ったお茶と茶托和の習慣・豆知識

立春から数えまして八十八日目の事を

八十八夜といいます。

ちょうど、5月1日か5月2日くらいに

なります。

(2018年は5月2日が八十八夜です)

 

日本の唱歌に「茶つみ」という歌が

ありますがその中の歌詞にも出てきますね。

 

その八十八夜にあたる日に摘んだ

お茶を飲むと・・・イイことがあります。

それは何でしょう?探ってみたいと思います。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 八十八夜とは?

立春から88日目の日。

 

春から夏に変わる節目であるといわれ

「八十八」の文字を組み合わせると

「米」という文字になることから

農業関係に関わりを持たれる方々にとって

特別な日でもあるといわれています。

 

昔から、農村地域の人々はこの日を目安に

苗代作り(田んぼに植える稲の苗を育てる

場所の事)などを始められるそうです。

 

八十八夜のお茶は縁起物

八十八夜に茶摘みをしている女性

 

漢数字の「八」は末広がりといって

後々良いことがあるという縁起の良い数字。

「八十八」は「八」が重なることから

さらに良いといわれているのです。

 

そして、八十八夜の日には茶摘みが

行われる地域も多くあり、茶摘みの

イベントなどが開催されています。

 

この日に摘んだお茶は

一番味が良くて八十八夜に収穫された

茶葉でお茶を飲むと長生きする

ともいわれているのです。

 

また、この時期のお茶を『新茶』と呼び

新茶は一番茶ともいわれ、人の手で

摘まれることが多いので丁寧に扱われます。

 

二番茶、三番茶は機械で収穫されることが

多いようです。

 

 

また二番茶、三番茶よりも栄養価が高い

一番茶(新茶)。

 

新茶を飲むと病気にならない

という言い伝えもあります。

 

さっそく、新茶を飲んでみましょうか~

 

この日に摘んだお茶を飲めば・・・【八十八夜・和の習慣】 の むすび

 

いかがでしたか?

今回は「八十八夜」についてご紹介しました。

 

ぜひ、参考にしてみて下さいね。

 

いろんなコトを見たり、

聞いたり、新たに発見。

 

知識をひとつ、レベルアップ

できました~ (σ^-^)σ━☆゚.*・。゚

 

最後まで読んで下さって

ありがとうございました。

スポンサーリンク
和の習慣・豆知識
スポンサーリンク
りんをフォローする
暮らしの中の自由メモ

コメント