男性と女性、どちらが冷えやすいの?

徐々に寒さを感じる事も増えてきましたね。

寒さを感じるようになって、着込んでも手足の先端が

冷たくて快適に過ごせない時もあります。

両手足が冷えている木のマネキン

 

男性はあまり冷えているというイメージが

少ないのが当たり前のようでしたが

最近は男性もかなり冷えている人が多くて

やはり冷えることが病気につながって

いるということがわかってきているようです。

 

我が家の夫も寒がりで手足が冷たいので、

これからいろいろと対策をせねばと思っています。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

冷えは女性だけのものではない

世の中では【冷え=女性】といったイメージが

あるような感じがしますが、現代のような便利で

快適な生活をしていると男性でも

体が冷えている人が多くなっているようです。

 

最近では、こういうメンズのタイツや

レギンスとかありますもんね。

(昔はあまり見かけなかったような・・・)


男性は汗っかきのイメージがあるのですが

冷えやすいことに男女の差ってあるのかな?

と思って調べてみました。

 

女性が冷えを起こしやすいのは体の構造のせい?

女性の体型

女性が冷えやすいのは、男性と比べて筋肉の量が少なく

脂肪が多いから、というのが理由のひとつです。

 

女性のほうが一般的に筋肉量って少ないですよね。

(まぁ、中にはビルダーやってる方もいらっしゃいますが・・・)

 

筋肉が多いほど基礎代謝量や熱の生産能力も高いので

熱を生み出すパワーがまず、男性と女性で差がある

ということになります。また、筋肉量が少ないと

体を巡る血液の量も少なくなるので全身が

温まりにくくなってしまいます。

 

そして女性は男性に比べて、脂肪が多い。

脂肪には断熱する作用があるのですが外から熱を

加えても伝わりにくいといった面があるので

体が温まりにくくなってしまいます。

 

女性は、冷えやすくて脂肪が多くて・・・と

なんだかちょっと複雑な思いが(苦笑)

というわけで、女性の方が体が冷えやすいんですね。

 

冷える体にしてしまっているのは誰?

体の構造的にも女性は冷えやすいようですが

体のつくりのせいにしてはいけません。

まず、冷える体を作ってしまっているのは誰でしょう?

もちろん・・・自分ですよね。

 

街を歩いている時も20代くらいの女性の格好を

見ているとこんなに寒いのに、ショートパンツとか

ミニスカートの人がけっこういるんですよね。

 

こういう格好も若い頃しかできないのもわかりますが

気候が暖かくなってからでもいいのになぁ・・・って思います。

 

冷えを進ませないようにするのも自分です

病気に侵されてしまった体をもつ女性

 

 

体の冷えがどんどん進むと(冷えは進行していくんです)

病気を発症してしまう体になってしまいます。

冷えを進まないように対策をとるか、

今のまま、放っておいたり体に良くない生活を

続けていくのかを決めるのも自分次第。

 

重病な告知を受ける男性患者

ガンなどの命に関わる病気になってからでは遅いと思いませんか?

体の冷えに気づいたら、すぐにでも対策をしましょう。

 

『少しづつで良いから対策することで体の状態も

健康に変わっていきますよ』

とおっしゃっているお医者さんもいます。

 

自分でできる冷えの対策を1歩づつ

進めていくことが大事なんですね。

 

これから冷えの対策を調べて考えていきます。

 

男性と女性 どちらが冷えやすいの? の おまとめ

いかがでしたか?

今回は「男性と女性はどちらが冷えやすいのか」

についてご紹介しました。

 

体が冷えやすい構造の女性は作りのせいだけでなく

日頃から体が冷えないようにしておかないと

いけないことがわかりました。

 

冷えは大敵だということがわかったので

男女関係なく、体を温めて免疫力がUPする

ことなどをこれから探っていきたいと思います。

 

いろんなコトを見たり、

聞いたり、新たに発見。

知識をひとつ、レベルアップ

できました (σ^-^)σ━☆゚.*・。゚

 

最後まで読んで下さってありがとうございました。

 

コメント